村上春樹を読む
HOMEブログ本館日本文化東京を描く英文学フランス文学宮沢賢治プロフィールBBS

文章の音楽性:村上春樹と小沢征爾の対話から

「僕は文章を書く方法というか、書き方みたいなものは誰にも教わらなかったし、とくに勉強もしていません。で、何から書き方を学んだかというと、音楽から学んだんです。それで、何が大事かっていうと、リズムですよね。文章にリズムがないと、そんなもの誰も読まないんです。前に前にと読み手を送っていく内在的な律動感というか・・・」

これは、小沢さんとの対話の中で、文章について村上が述べているところだ。これを読んで筆者は我が意を得たりという気持になった。文学に限らず、言葉というものにとって音楽性がいかに大事かということを、筆者は日頃から漠然と感じていたのだったが、その感じを明確な言葉で表現してくれたからだ。

言葉に音楽性があることは、詩的言語や小説など文学の領域にとどまらない、あらゆる言語表現に共通することだと筆者は思っている。有効なコミュニケーションを行うためには、意味の伝達だけでは不十分で、相手を情緒的に刺激するものが必要だ。それが言葉に内在する音楽性だと筆者は思うのだ。

村上もこの部分に続けて言っているとおり、世の中には読むに堪えない文章というものがいくらでもある。たとえば村上のいうマニュアルの説明書きもそうだ。そうした文章は、意味を伝えられればそれでよいという姿勢の表れだが、そうした姿勢が、意味の伝達そのものまで困難にしている。読むに堪えないと読者が受け取るからだ。

下手な翻訳が、読み手をいらいらさせるのも、同じような事情による。そういう翻訳は言葉の意味にこだわるあまりに、逐語訳的な表現になり、それがいわゆる棒訳につながり、何を言っているのかわからないような日本語になる。そういう文章は、文法的に稚拙な表現に陥っているという以上に、言葉の音楽性に欠けているのだ。

言葉が音楽とつながりがあるというのは、考えてみれば当然のことだ。言葉とは、書かれた文字である前に、発せられた音なのであるから、人はそれを第一義的には耳で受け止め、ということはつまり音として聞き、音の周辺に意味の作用を感じ取るわけなのだ。だからその音の流れが、音楽の音の流れと通底しあうのは、ある意味で当然なわけだ。言葉の芸術としては散文よりもはるかに早く確立された韻文が、音楽的な要素を生命にしていることは、こうした事情を反映している。

こうした事情は、耳で聞くことを前提とした音としての言葉だけではなく、書かれた言葉としての文章についてもあてはまる。人は書かれた文章を目で読むとき、それと意識しないまでも、やはり文章に潜んだ音楽性にとらわれている。そういう場合、人は目で読むだけでなく、心の耳で言葉の音楽性を感じているということができるのだ。

ここまで考えてみたところで、言葉に音楽性があるのなら、民族性もあるという当たり前のことも視野に入ってきた。西洋の音楽と日本の音楽は、色々な点で異なっている。それと同じように、西洋の言葉と日本の言葉も、色々な点で異なった音楽性を帯びている。

たとえば、英語やフランス語など、西欧の言語では、音の強弱が言葉の基本的な単位を構成している。その強弱がリズムを作り上げている。だから西欧の詩の表現は、太鼓の音を聞くような切れの良さを味わいとする場合が多い。

それに対して日本語の音は強弱ではなく高低と長短が基本である。ということは、リズムよりもメロディの要素が強い言葉だといえる。日本語の文章はだから歌うように読めることが肝心なのだ。

このメロディ主体の音のあり方が、日本の言語芸術の中での短詩系の優位という現象を説明する。メロディというものは、どこかでくぎりというものがないと、聞いているものを飽きさせる。和歌や俳句はその区切りを最小限にまとめた形といえる。

これに対して、太鼓はいつまで叩いていても、限界というものがない。リズムが生きている限り、いつまで続いても退屈とは感じられない。西洋の詩が非常に長くなる傾向をはじめからもっていたのは、リズム優位の言語の特質がしからしめたといえなくもない。

こんなわけで、村上のちょっとした発言をきっかけに、文章についての、とりとめのない空想に、しばし耽ってしまった次第であった。

いずれにしても、言葉にとって音楽性は生命の一部をなしている。リズムもメロディも感じさせない言葉は、意味の伝達さえも満足には行えないだろう。







HOME|次へ






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2012
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである